スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

遠足気分で東京タワー



生まれも育ちも東京(郊外)ですが、東京タワーに行ったことがありませんでした。
近くまで行くことはあっても、登った経験なし。で、行ってきましたよ。

悪い癖で、自分が興味がない場所は空いているはず、と思ってしまうのですが、やーー、びっくりするほど混んでましたね。あたりまえですが、とてもオーソドックスな観光地で、各地・各国からいらした方々でいっぱい。そりゃそうだよね。

東京タワーのあとは六本木まで歩いて、ヒルズのobikaでチーズとビール。
明るい時間のビールはシアワセの味でした。

東京タワーと言えば、努力と根性? のお土産もたくさん。
続きを読む >>
| 旅の思い出 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

そして北京で食べたもの


口福居で火鍋。羊やキノコ、見たことの無い葉っぱ、すべて美味しゅうございましたよ。
この店で、赤ワインをスプライトで割って飲んでいる中国の方々を発見! 珍しいことじゃないようです。白ワインをコーラで割るバージョンもあるそうです。なんて、もったいない!


でましたー、北京ダック。大董北京烤鸭にて。
何度も思い出してはニンマリの美味しさ。味もサービスも最高(北京比)。お値段もけっこう良い方なのだと思いますが、日本で食べることを思えばなんてことない。
ダック以外のお料理も美味しくてキレイ。ワインも豊富。
外国人率高し。駐在接待のプロお墨付きのお店だそうです。納得。


帰国直前、空港に向かう前に死ぬほど食べた餃子。宝源餃子屋にて。
餃子ラバーの血が騒ぎましたね。ランチタイムになると、あっという間に満員。人気店のようです。


そして、驚愕の水煮魚。これも宝源餃子屋で。
大量の唐辛子と大量の山椒、水と油で川魚を煮た料理。ショウガも入ってたかな。
運ばれてきたときのインパクトがすごいのですが、食べる前に唐辛子と山椒は取り除かれました。
そうよね。食べちゃったら、もう、事故だよねーー。
とにかく、辛いけど後を引くおいしさでした。作れるのかな?
| 旅の思い出 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

極寒の北京


3連休を利用して、極寒の北京に行ってきました。

エアは奇跡的に取れたマイルのチケット(かと思ったら、あんなに寒い時期だから空いていたのだと、今ならわかります)。
北京駐在中の友人に迎えにきてもらって、観光スポットも買い物スポットも案内してもらって、何度も思い返しちゃうくらいおいしいお料理を食べさせてもらって、現地のロックバーから女の子のいるスナック(?)まで体験できて、至れり尽くせりの旅でした。

っていうか、Mさん、Hぼんがいなかったら、どんな旅になっていたことか…。
何しろ北京は、いままで訪ねたどこの国よりもコミュニケーションが難しかったよ。英語がぜんぜん通じないもんねー。
再訪までに、中国語を勉強した方がよさそうねぇ。

骨がきしむくらい寒い時期だったけど、初北京は大満足。
時間が全然足りなかったので、次回はベストシーズンを狙って行きたいなー。


北京のおまわりさん行進中

水を含んだ筆(のようなスポンジ)で道に字を描く人

北京にも猫おじさんがいました。不思議とみーんな白猫。

JUGEMテーマ:旅行


| 旅の思い出 | 23:49 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

そして冬の日本海

米沢牛を堪能して、温泉と読書を楽しんだ翌日は、雪深い山形を抜けて冬の日本海、新潟は瀬波温泉へ!


米坂線は山形の米沢から、新潟の坂町までを2時間あまりで走るローカル線。坂町からは、羽越本線に乗り継いで村上に向かいます。

今度の宿は瀬波温泉の大観荘せなみの湯
前日のすみれとは対極にあるような、大型温泉旅館です。

で、旅館の真ん前は海。
きっと夏は海水浴場なんだろうけど、いやー、すんごい波です。
これぞ、憧れの冬の日本海。頭の中では、JEROの海雪がぐるぐる。

食事は豪華な部屋食でした。
さすが新潟、ご飯は目の前でお釜炊き。

温泉は露天もサウナもある大浴場。泉質はちょっとしょっぱめで、お肌スベスベ系でした。

JUGEMテーマ:旅行


| 旅の思い出 | 22:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

再訪 時の宿すみれ

さて、米沢、無事に行ってきました。
福島→山形間の復旧後第一便になんとか乗れて、当初予定の1時間半遅れ程度で米沢に到着しました。

そんな、JR東日本、3日間も大混乱だったようですね。最初の2日間は大雪や暴風や雪崩が原因だそうですが(たしかに雪も風もすごかった)、3日目は前日までの運休などで列車調達がうまくできなくなって、ぐちゃぐちゃになった列車ダイヤを手で調整して、いざ実行しようとしたらシステムが動かない! ということだったらしく…。なんとも気の毒な話。

で、米沢行き。目的はそう、時の宿すみれに泊まるため。
以前も書いたけど、この宿の部屋にはテレビも時計もないので、湯に浸かり、本を読み、食事をし、また本を読み、また湯に浸かり…と、本当にゆったり過ごしてきました。と書くと、きれいごとっぽいですね、ウソじゃないけど…。もちろん、メインは食でした。
そう、米沢牛を堪能するのだー!


カリフラワーのブルーテと米沢牛コンソメジュレ/ホホ肉と干し柿入りのリエット/米沢牛サガリのローストゴルゴンゾーラ添え

お刺身!

米沢牛タンのブルギニョン ラビオリ添え 

にぎり!

名物すみれ漬け(味噌漬け)

米沢牛マクラの芽コンブとユリ根の醤油あんかけ

米沢牛のステーキ!
この他、スープ、口直しのグラニテ、おにぎり、デザート、コーヒーで満腹。ワインもおいしゅうございました。


もちろん、温泉も堪能。この下には河が流れています。

部屋からは、新幹線も見えました。

JUGEMテーマ:旅行


| 旅の思い出 | 07:10 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

それでも北へ

200812281212000.jpg
前々から計画していた温泉旅行に、いざ出発!
のはずが…福島・米沢間の雪崩により、山形新幹線が運休ですと(!)。

とりあえず、混雑している東北新幹線の自由席に乗り、北を目指しています。

福島からバスか?
仙台→山形経由か?

わたしたちは、無事に米沢に着くことができるでしょうか?
| 旅の思い出 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

神戸の夜

神戸に行ってきました。

三宮の晩ご飯は、こんな感じ。明石の昼網ってキーワードにやられちゃう。


蓮根饅頭、お刺身、酢牡蛎、ブリかま塩焼きなどいただきましたが、どれもウマウマでした。
いつも思うけど、神戸のお刺身は厚い。お刺身は噛み切りたくないので、本当はもう少し薄く切ってある方が食べやすくて好きです。口の中がお刺身でいっぱいになっちゃうからねー。

食後は軽い気持ちで、開催中の神戸ルミナリエへ向かってみたのですが…。

すごい人! しかも、いっこうにルミナリエの光景が見えてこないーー。
行列すること約30分。元町→三宮→元町→三宮くらいの感じで誘導されて、やっと入り口に到着。

でも、そのころがちょうどタイムリミット。22時の消灯時間ちょうどに、もう、本当に容赦なく電源オフ。メイン会場を見ること無く終了してしまいました(涙)。

その後、また三宮に戻って、高架下でベルギービールを飲んでシメ。
いつものように楽しい神戸の夜でした。
| 旅の思い出 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ホーチミンで何食べた?

ホーチミンというかベトナムの食は最高。何を食べてもハズレなし。

バインミー
憧れのバインミーは、このおばちゃんから買いました。パンがサクフワで、パテとナマスの相性も抜群。おいしかったー。
本当に、わたしはバインミーが好き。東京にお店があったら、絶対にヘビロテ。

ベトナムカレー
ベトナムカレーは、フランスパンと供されます。
一緒に出てきたソース(ウスターソースっぽい)をたらすと、日本のカレーに近い味だった。

コムガー
鶏のダシで炊いたジャスミンライスと茹でた鶏肉(揚げたバージョンもあり。旦那は揚げ)の料理がコムガー。
これは、タイで言うならカオマンガイ。マレーシアならナシアヤム。海南チキンライスともいう。とにかく、どこの国で食べてもおいしいねぇ。

エレファントフィッシュ
ボール
ミトーツアーについてた食事。エレファントフィッシュの唐揚げとお餅のボール。
エレファントフィッシュは顔が恐い。
ボールは、うぐいすボールに似た味で癖になります。でも、餅なのでそんなに食べられません。なぜなら、わたしはお餅が苦手だから。それはなぜなら、飲み込むタイミングがよくわからないからっ。

蛤のタマリンド
赤貝
初日にすっかりナイトマーケットが気に入っちゃって、再訪。今度は、海鮮系のお店を選んでみました。
ハマグリのタマリンドソースは甘酸っぱくて絶品。また食べたいな。タマリンドソースって買えないのかな? 日本で。
赤貝は、まぁ、赤貝が好きなら大丈夫って感じなんですがー、それよりも横に添えられた葉っぱが強烈! それは、蓼(たで)。「蓼食う虫も好きずき」の「蓼」です。
なんでもOKのわたしが、これはダメ。これって、本当に単なる葉っぱだよ? 食べ物じゃないよ? 苦味とか渋味とかいうレベルではなく、超苦くて超渋い単なる葉っぱだよー。
でも、殺菌作用があるらしく、貝料理にはつきものらしいです。

JUGEMテーマ:旅行
続きを読む >>
| 旅の思い出 | 07:14 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

ミトー観光 ホーチミン2日目


2日目は、ホーチミンを出て、メコンデルタの下流の街、ミトーへ。
わたしが持っているベトナムのイメージ中、実は、最大がメコン川です。
チベットから中国、ラオス、タイを通ってベトナムに届く太くて長い川をどうしても見てみたくて、日本からツアーを予約。

ホーチミンからミトーへは、車で2時間くらい。
途中、バインミー屋さんやら、ハンモックつきドライブインやら、田んぼの真ん中のお墓など眺めつつのロングドライブ。ハンモックつきのドライブインというか、カフェというかは、長距離旅行の休憩所だそうです。ちょっと立ち寄ってみたかったな。

ミトーに到着。おーー。広いし、茶色い。
(でも、ここの写真撮り忘れ…)

まずは、10人乗りくらいの船にのり、川の真ん中にある中州に上陸し、蜂蜜工場、ココナツキャラメル工場、フルーツ食べ放題などを見学。
ここは、ほどよくお金を落とすよう、システマティックに回る観光の島でした。昔は、こういうの嫌い! って思ってたけど、今はまぁいいかな、と思っているので、行ったら積極的に楽しみます。年取ったってことかしら。
だって、龍眼の蜂蜜はさっぱりしておいしかったし、キャラメルを作る手際は見事。ニシキヘビも首に巻けて満足。

見学コースが終わると、小さな手漕ぎボートに乗って、ジャングルクルーズ。
これ、楽しい。ボートに乗って風を切るのはとても気持ちいい。
もっと乗っていたかったよ。

このあと、ツアーに組み込まれているレストランで、エレファントフィッシュの唐揚げなどいただき、ホーチミンに戻ってお土産屋さんに寄り、ツアー終了。

ホーチミンに戻る途中の信号待ちで、幼い兄妹が物乞いに来て、軽くショックを受けました。こういうときの対応について、正解を持ち合わせていない自分にもショックを受けました。

JUGEMテーマ:旅行

| 旅の思い出 | 06:57 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

ホーチミン1日目

さて。ホーチミン旅行記です。

今回のホーチミン行きは、タイ航空を利用してバンコク経由だったので、9:30に成田を飛び立ったにもかかわらず、ホーチミン到着は夕方(時間はかかったけど、タイ航空はかなりいい)。

ここでいきなり、ぼったくりの洗礼を受けました。
いんちき白タクに乗っちゃったんです。料金交渉はしたものの、結果的には相場の倍以上を支払いました(下調べ不足でわたしたちの負け)。でも、一生懸命いろいろ教えてくれて、悪い人じゃなかったけど。まぁ、これもまたアジア旅行の醍醐味かと…。
みなさん、空港から主なホテルまでは10ドルくらいですよ。

というわけで、初日は観光している時間もないので、ホテル近くのナイトマーケットで食事。

いい雰囲気。

何か葉っぱで肉を巻いて焼いたもの。
これを野菜とブン(ソーメンのような麺)と一緒にライスペーパーで巻いて食べる。おいしい!

JUGEMテーマ:旅行

続きを読む >>
| 旅の思い出 | 19:15 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
twitter
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
Profile
Sponsored links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM